犬の死

第二章

#75 そして治す方法を知った日 2021.1.21 ⑦

 セカンドオピニオンの先生は、血液検査の裏に描いた図の隣に、フローチャートを書き始めた。 これまたデキる家庭教師そのものだった。 原因とそれに対する治療 白血球が高い → バイ菌が悪さ → 抗生物質 + アドレスタン半量...
第二章

#70 そのためにセカンドオピニオンを決めた日 2021.1.21 ②

 私は、父に行こうと告げた。  そして、仕事を切り上げた。この頃は2回目の緊急事態宣言中であり、経済もほぼストップしていた。仕事という仕事もなく、この日やるべきことは全て終えていた。  私は、どうしてもホームドクタ...
第二章

#69 運命を変えた日 2021.1.21 ①

この日のことは詳しく丁寧に記録しておきたい。 時間をかけて、いくつかの記事に分けてアップすることをご了承ください。 朝4時過ぎに異変が起きた。 同じ方向にくるくる回った後、布団に頭を突っ込む。そして、ハアハアと荒い呼吸。その繰り返し。それが落ち着くと、ぼーっとしていた
姉のひとりごと

【姉のひとりごと 7】第二章の前に。冬は……

 精神的にキツくなる『第二章』が始まる前につぶやかせてください。  私の趣味はスノーボードです。(突然それ?)  昨年は太郎くんのそばにずっといたいし、絶対回復させようと必死で看病に徹していました。コロナ禍で緊急事態宣言も出て...
便利グッズ・情報

【便利グッズ】愛犬闘病中の夜、看護や介護に使えるアプリや衣類小物たち

愛するペットが病気になったら……寒い冬・深夜に助かるお役立ちグッズの紹介 飼い主が寝ている間でもわかるアプリ  クッシング症候群となってから、寝る時にアプリ(Sleep Talk)を起動していました。 I...
第一章

#68 もう、ぼくは……

 ぼくの身体の中で何が起きているんだろう?  痛いよ、つらいよ、気持ち悪いよ…… 何も食べられないよ……  お姉ちゃんはぼくとの約束を破ったと言ってるけど、ぼくがお姉ちゃんとの約束を守りたくても守れなかった。約束を破ったのはぼ...
第一章

#67 シリンジでの強制給餌を本気で始めた日 2021.1.20

記録ノートを見ても、15時までスカスカだ。そして、私自身の筆圧が弱く、不安が前面に出ている。 震えては、死んだように眠ったまま。 ただじーっとしたまま…… 抱っこしておしっこに出すのがやっとの状態。 私は昨日決意した、強制給餌をすると……
第一章

#66 死ぬよ!ほんと死ぬ!貧血注射をした日 2021.1.19

昨日一日落ち着かなかった太郎くんはやっと夜8時過ぎに寝たので、夜のおしっこにも行かなかった。寝ることを優先せさせた。日付が変わり、一眠りして目が覚めた頃、おしっこに連れて行った。 結構な量だった。そして帰ってくると、ひどく震えていた。 おしっこの後はいつもそうだった。
第一章

#65 ニュートリカルで強制給餌、死ぬと本気で思った日 2021.1.18

魔の時間は、水をがぶ飲みしていた。おしっこに出した後もまた水を飲む。 明け方、私は浅い眠りが襲って絶叫してしまった。太郎くんへの不安から悪夢を見て恐怖に怯えたのだと思う。内容は覚えていないけれど。私が寝言を言うと太郎くんはいつもそばに寄り添って寝てくれた。
姉のひとりごと

【姉のひとりごと 6】太郎くん不在の新年を迎えて

 新年早々、しみったれた事を書きます。吐き出します。  太郎くんがいないお正月はつらい。これほどつらいとは。  年末から年賀状書くのがつらかった…… 本当は喪中なのに。喪中の葉書を出したいくらいだった。  この年末年始、...
タイトルとURLをコピーしました